CPU グリス 効果

スポンサードリンク

CPUに塗るグリスの効果とは?

パソコンにはパソコンの頭脳であるCPUが入っています。

 

CPU

 

CPUは、パソコンの計算や処理などを行う重要な部品で、
使用していると温度が上がり高熱になります。

 

それを冷やすためにCPUクーラーというものを取り付けます。
CPUクーラーを取り付けるときにCPUとの潤滑剤の役割をするCPUグリスをぬる必要があります。

 

CPUグリスはCPUの熱をCPUクーラーに
効率よく伝導するためには必要不可欠です。

 

CPU

 

パソコンの種類にもよりますが長時間パソコンを使用すると
CPUグリスが固まってしまい冷却効果が下がることがあります。

 

そんなときは、CPUグリスを塗りなおすとまた冷却効果が復活します。

 

CPUグリスの成分は有機ケイ素化合物重合体です。
CPUグリスには多くの種類があります。

 

クリーム状のシリコングリスが一般的ですが、
ダイヤモンド粉末が入っているダイヤモンドグリスや、
銀の粉末が入っているシルバーグリスもあります。

 

シルバーグリスは最も熱伝導がよく、冷却効果はとても高いです。
シリコングリスは、柔らかくて使いやすいのが良い所です。

 

CPU グリス

 

形状もクリーム状のものだけでなくシート状になったCPUグリスもあります。

 

CPUグリスはメーカーによっても熱伝導率が違うことがあり、
種類も多く販売されているので、購入の際の参考になれば幸いです。

 

こちらも参考に!⇒CPU使用率が高い原因を探る方法

 

CPUに塗るグリスの効果とは?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサードリンク

関連ページ

CPUとは?初心者にわかるように解説
CPUとは何のことでしょうか?初心者にわかるように解説しました。
CPUの温度を表示させる方法
CPUの温度を表示させる方法についてわかりやすく解説しました。
CPUの適正温度は何℃?
CPUの適正温度は何℃くらいがよいのでしょうか?わかりやすく解説しました。
CPU使用率が高い原因を探る方法
CPU使用率が高い原因を探る方法についてわかりやすく解説しました。
100%のCPU使用率を下げる方法
100%のCPU使用率を下げる方法についてわかりやすく解説しました。
CPU使用率を簡単に確認する方法Windows7編
CPU使用率を簡単に確認する方法Windows7編をご紹介します。
Windows7でCPU使用率を下げる方法
Windows7でCPU使用率を下げる方法 についてわかりやすく解説しました。
CPUクーラーで水冷と空冷の違いは?
CPUクーラーで水冷と空冷の違いについてわかりやすく解説しました。
BIOSでCPU温度を確認する方法
BIOSでCPU温度を確認する方法についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 メモリ パソコン重い対策 CPU