パソコン 遅い 原因 7

スポンサードリンク

Windows7パソコンで動作が遅い原因を突き止める方法

パソコン 遅い

 

Windows7搭載のパソコンを使っていて動作が遅いと感じている方、
まずは原因を突き止めましょう。

 

そのためにまずは[Ctrl]+[Shift]+[ESC]キーを同時に押してください。
するとこんな画面が登場するはずです。

 

メモリ

 

もし上記の画面が登場しない場合には
赤枠にある、『パフォーマンス』というところをクリックしてください。

 

上記画像の
  • CPU使用率
  • CPU使用率の履歴
  • 物理メモリ

 

をよく見てください。

 

「CPUって何?」という方もいるでしょう。
CPUは『シーピーユー』と読みます。

 

パソコンの事務処理能力のことです。
人間の脳に例えられることもあります。

 

同時にいろんな物事を暗記したり理解したりするとかなり頭が疲れてくるはずです。
これと同じでCPUを使いすぎると、疲れてきてパソコンの動きが遅いと感じる原因になります。

 

CPU使用率の数字が大きいなら現在パソコンはかなり疲れている状態です。

 

パソコン 遅い

 

また、CPU使用率の履歴は過去から今まで
どれくらいCPUを酷使してきたのか?時系列でグラフにして表しています。

 

少なくともCPU使用率の数字が大きいなら
あなたのWindows7パソコンの動きが遅い原因はCPUにあります。

 

また物理メモリが90%以上あるようなら
メモリ不足の可能性もあります。

 

いずれにしても対処法としてはこちらの記事で解説しています。
パソコンのメモリ不足を解消する3つの方法

 

メモリ不足を解消すればCPUの負荷も自然に下がります。

 

次に上記画像の画面で『プロセス』をクリックしてください。

 

パソコン 遅い

 

すると上記のような画面が表示されるはずです。

 

ここで注目していただきたいのは
  • CPU
  • CPU時間
  • 説明

 

の3項目です。

 

もし上記『CPU』『CPU時間』『説明』のどれかが表示されていない場合には、
上記画像の『表示』をクリックしてください。

 

そうすれば、必要な項目を選択できます。

 

うまく表示されたなら、『CPU』『CPU時間』『説明』の下をじっくりご覧ください。

 

CPUの数字が大きくて、しかもCPU時間が長いものほど
CPUに負荷をかけてパソコンの動きを遅くしている原因です。

 

ただ、CPUに負荷をかけていることがわかっても
消してよいものかどうか判断するのは難しいです。

 

そこで『説明』をご覧ください。
CPUに負荷をかけている原因がどんなファイルなのか?説明してくれています。

 

もし明らかにいらないファイルなら
こちらの記事で解説している方法でアンインストールすることができます。
パソコンのメモリが不足!不要データを削除する方法

 

ただデータをアンインストールするのは自己責任でお願いします。

 

以上、Windows7パソコンの動作が遅い原因の突き止め方について解説しました。

 

こちらも参考に!⇒パソコンメモリ使用量を減らす方法

 

Windows7パソコンで動作が遅い原因を突き止める方法」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサードリンク

関連ページ

パソコンの動作が遅い場合の3つの対処法
パソコンの動作が遅い場合の3つの対処法についてわかりやすく解説しました。
無料でパソコンの動作が遅い状態を改善する方法
無料でパソコンの動作が遅い状態を改善する方法についてわかりやすく解説しました。
パソコンの動作が遅い原因がウイルスかどうか確認する方法
パソコンの動作が遅い原因がウイルスかどうか確認する方法についてわかりやすく解説しています。
パソコンでネットが遅い原因と対処法は?
パソコンでネットが遅い原因と対処法についてわかりやすく解説しました。
パソコンの動きが遅い場合の対策とは?
パソコンの動きが遅い場合の対策についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 メモリ パソコン重い対策 CPU