パソコン メモリ HDD 違い

スポンサードリンク

パソコンメモリとHDDの違いとは?

メモリとHDDの違いがわからない女性

 

パソコンのメモリとHDDの違いがよくわからない
と疑問に感じている方が多いです。

 

ちなみにHDDはハードディスクのことです。

 

この記事ではパソコンのメモリとHDDの違いについて解説します。

 



 

パソコンのメモリとHDD(ハードディスク)の違いとは?

 

パソコンのメモリとHDDはプラモデルを作る工程で例えることができます。
まずメモリですが、メモリとは何らかの作業を行う場合に使われる作業領域のことを指します。

 

プラモデル作業

 

机に作業前のプラモデルの箱やニッパーや塗料などを置くと思います。
机は広くて、しかも何も置いていない状態の方がサクサクと
しかもプラモデルの細かい部分がどこかに飛ばずに作業できるはずです。

 

この机の広さがメモリです。

 

もし机が狭い(小さい)、つまりメモリが小さいと
プラモデルを作る途中に、切り取った部分をどこかに飛ばしてしまい
作業が混乱してしまったりしてやりにくくなってしまうでしょう。

 

プラモデルとメモリの例え

 

また、たとえばガンダムのプラモデルを作っているとして
胴体の部分と腕の部分を同時に作ろうとしたなら
狭い机だと、胴体と腕の部分を別々の場所に置きにくくなります。

 

ガンダム

 

これがメモリ不足状態です。

 

メモリ不足になると、パソコンのアプリを動かしてても
いちいち動作が遅くなったり、画面が固まってしまいます。

 

そんな場合にはメモリを増設するなどの対処をすることで動作が速くなります。

 

これをプラモデルにたとえるなら
机が広くなった分、作業がしやすくなることと同じです。

 

次にHDD(ハードディスク)ですが先ほどのプラモデルのたとえでいくなら
プラモデルを別の場所に置いておく保存場所になります。

 

プラモデルを作っている途中に食事の時間になったら
机の上にのっている作りかけのプラモデルを押し入れなどに移動して保存しておくかもしれません。
この保存しておく押し入れなどをがHDDといいます。
こちらの画像のように押し入れなどに保存しておくわけです。

 

保存場所であるHDD

 

HDDが大きい方がより多くの作りかけであったり、
できあがったプラモデルを保存しておくことができるわけですね。

 

プラモデルそのものだけでなく、ニッパーや塗料や
プラモデルの雑誌など、様々なものを箱の中に保存しておくことができます。

 

これがHDD(ハードディデスク)です。
したがってHDDが大きい方がいろんなデータを保存しておくことができるわけです。

 

メモリは作業中にデータを保存していない状態で電源を消してしまうと
すべての情報が消えてしまいます。

 

でも、HDDに保存しておくと電源を消しても再度起動したときにはデータは残っているので、途中から作業を開始することができます。

 

以上、パソコンのメモリとHDDの違いについて解説しました。

 

こちらも参考に!⇒初心者のための外付けハードディスクの使い方

 

パソコンメモリとHDDの違いとは?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサードリンク

関連ページ

パソコンのメモリ不足を解消する3つの方法
パソコンのメモリ不足を解消する3つの方法についてわかりやすく解説しました。
パソコンメモリ増設のメリット
パソコンメモリ増設のメリットについてわかりやすく解説しました。
パソコンメモリの4Gと8G違いとは?
パソコンメモリの4Gと8G違いについてわかりやすく解説しました。
Windows7搭載パソコンのメモリ容量を3秒で確認する方法
Windows7搭載パソコンのメモリ容量を3秒で確認する方法についてわかりやすく解説しました。
パソコンのメモリが不足!不要データを削除する方法
パソコンのメモリが不足している場合に不要データを削除する方法についてわかりやすく解説しました。
パソコンメモリの使用率を確認し下げる方法
パソコンメモリの使用率を確認し下げる方法についてわかりやすく解説しました。
パソコンメモリ使用量を減らす方法
パソコンメモリ使用量を減らす方法についてわかりやすく解説しました。
パソコンのメモリを無料で解放する方法
パソコンのメモリを無料で解放する方法についてわかりやすく解説しました。
メモリ増設による2つの効果とは?パソコン初心者に向けて解説
メモリ増設による2つの効果についてパソコン初心者にもわかるように解説します。

トップ 目次 メモリ パソコン重い対策 CPU