RAM メモリ 違い

スポンサードリンク

RAMとメモリの違いは?

パソコンで利用される用語にRAMとメモリがあります。

 

メモリ

 

RAMはメモリでもありますが、Random Access Memoryと呼ばれ、
通電中はメモリをどんどん書き換えることができる部品です。

 

対してメモリはRAMも含まれますがROMも含まれるケースが多いです。

 

ROMはRAMと違い書き換えができませんが、
安く提供されているので利用されるケースが多いです。

 

RAMとROMについては用途が異なるのですが、
特にデータ保存という意味でことなります。

 

メモリとRAM

 

また、ROMは大容量に対応しやすいですが、
RAMは高価な部品となるので用途を絞って利用されるケースが多いです。

 

RAMについてはOS側から直接利用されるケースと、
ハードディスクの代わりに利用されるケースがあります。
大容量メモリを搭載した場合OS側から利用しても余ってしまうケースがあるからです。

 

その際は高速で保存のできないハードディスクとして一時ファイルやキャッシュとして利用されます。
キャッシュについてはCPUなどに内蔵されている高速なタイプもありますが、
そこまで速度が必要ない場合に利用されます。

 

内蔵キャッシュよりは遅いですが、
ハードディスクに比べれば格段に早いメリットがあります。

 

以上、RAMとメモリの違いについて解説しました。

 

こちらも参考に!⇒パソコンのメモリ不足を解消する3つの方法

 

RAMとメモリの違いは?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサードリンク

関連ページ

RAMとは?パソコン初心者の方必読
RAMとは何を洗わず用語でしょうか?パソコン初心者の方にもわかるように詳しく解説します。

トップ 目次 メモリ パソコン重い対策 CPU