パソコン 仮想メモリとは

スポンサードリンク

仮想メモリとは?パソコン初心者にわかりやすく解説

パソコンパーツについて調べていると『仮想メモリ』という単語を目にすることがあります。

 

仮想メモリ

 

仮想メモリとは何のことでしょうか?
仮想メモリとはハードディスクに一時的に情報を記憶させておく場所のことです。

 

人間の記憶には
  • 覚えてもすぐに忘れてしまう短期記憶
  • 何年たっても簡単に忘れない長期記憶

 

の2種類がありますが、仮想メモリは短期記憶みたいなものです。

 

短期記憶

 

仮想メモリは
  • バーチャルメモリ
  • ページファイル
  • ページングファイル

 

という表現をするときもありますがどれも同じ意味です。

 

仮想メモリはどんなときに利用されるのでしょう?

 

たとえばあなたがワードやエクセルで事務作業していたとします。
そんなときにはメモリを利用しています。

 

仮想メモリ

 

メモリとは机みたいなものです。
机は広い方が字を書いたり本を読んだりと作業がしやすいですね。

 

でも机が狭いと作業がしにくいわけです。
そんなときに別の場所に一時的に本を置いたり字を書いたりといった作業をすることになります。

 

机

 

そんな感じで机の領域がいっぱいでどうしようもないときに
別の場所で作業する場所を仮想メモリというわけです。

 

  • メモリ=机
  • 仮想メモリ=別の机

 

といったイメージですね。

 

もしメモリがいっぱいいっぱい活躍しているのに
仮想メモリがないと、パソコン動作が重くなったり
フリーズと言って画面が固まってしまい最悪再起動しないといけなくなります。

 

そんな最悪な状態を回避するための場所が仮想メモリという理解で大丈夫です。

 

以上、仮想メモリとは何か?について解説しました。

 

こちらも参考に!⇒パソコンが重いのがメモリかどうか判断する方法

 

仮想メモリとは?パソコン初心者にわかりやすく解説」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサードリンク

関連ページ

Windows7の仮想メモリを増やす方法
Windows7の仮想メモリを増やす方法についてわかりやすく解説しました。
仮想メモリの増やし方
仮想メモリの増やし方についてわかりやすく解説しました。
Windows 7仮想メモリの設定法
Windows 7仮想メモリの設定法についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 メモリ パソコン重い対策 CPU