仮想メモリ 増やし方

スポンサードリンク

仮想メモリの増やし方

インターネットを楽しみながらワードで文章を作成していると
突然、パソコンの動作が重くなることがあります。

 

仮想メモリ

 

最悪、画面が固まってしまうこともあります。

 

パソコンの動作が遅くなる原因の多くがメモリ不足です。
メモリ不足かどうか確かめて、改善する方法はこちらの記事にあります。
パソコンメモリの使用率を確認し下げる方法

 

とはいえ、実際はメモリが不足し始めると、
パソコンは仮想メモリに情報を一時的に記録するようになります。
仮想メモリはハードディスクに存在している一時的に情報を記録しておく場所です。

 

仮想メモリに関する詳しい解説はこちらの記事をご覧ください。
仮想メモリとは?パソコン初心者にわかりやすく解説

 

メモリ不足になってきても仮想メモリが十分であればパソコン動作が遅くなることはありません。
でも、仮想メモリも不足してくると本当にパソコンの動作が遅くなってきます。

 

そこでこの記事では仮想メモリの増やし方について解説します。
仮想メモリを増やせば、メモリ不足からくる動作の遅さを改善することができます。

 

 

仮想メモリの増やし方について解説

 

仮想メモリ

 

仮想メモリの増やし方の詳細はこちらの記事をご覧ください。
仮想メモリを増やす方法

 

この記事では仮想メモリを増やすときの注意点について触れておきます。
仮想メモリを増やす画面でカスタムサイズというところを選択して
初期サイズと最大サイズを変更するのですが・・・

 

こちらの画面をご覧ください

 

仮想メモリ

 

上記画面で
  • 初期サイズは1000〜1500くらい
  • 最大サイズは1500〜2000くらい

 

に増やすようにしましょう。

 

少なくとも初期サイズより最大サイズの方が大きな数字を入力するようにしましょう。
これで仮想メモリを増やすことに成功しました。

 

仮想メモリ

 

あと仮想メモリを変更するとその後再起動しないと反映されません。
現在進行中の作業がありましたら、必ず保存したうえで再起動を行うよう、くらぐれもご注意ください。

 

以上で仮想メモリの増やし方についての解説を終わります。

 

こちらも参考に!⇒Windows7の仮想メモリを増やす方法

 

スポンサードリンク

関連ページ

仮想メモリとは?パソコン初心者にわかりやすく解説
仮想メモリとは?パソコン初心者にわかりやすく解説しました。
Windows7の仮想メモリを増やす方法
Windows7の仮想メモリを増やす方法についてわかりやすく解説しました。
Windows 7仮想メモリの設定法
Windows 7仮想メモリの設定法についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 メモリ パソコン重い対策 CPU