Windows 7 仮想メモリ 設定

スポンサードリンク

Windows 7仮想メモリの設定法

Windows7ユーザーさんに向けて仮想メモリの設定の仕方をご紹介します。
まずスタートボタンを押してください。

 

スタートメニュー

 

次にコントロールパネルをクリックしましょう。

 

コントロールパネル

 

それからシステムとセキュリティを選んでください。

 

システムとセキュリティ

 

次にシステムをクリックです。

 

システムとセキュリティ

 

そしてシステムの詳細設定を選んでください。

 

システムとセキュリティ

 

するとシステムのプロパティという画面が表示されますので
『詳細設定』の中のパフォーマンスで設定をクリックしてください。

 

仮想メモリの設定

 

『パフォーマンスオプション』の画面がでますので
『詳細設定』を選んでください。

 

仮想メモリの設定

 

すると上記の画面になるので、『仮想メモリ』の変更をクリックしてください。
これで仮想メモリの設定ができるようになりました。ここで『カスタムサイズ』を選択しましょう。

 

仮想メモリの設定

 

初期サイズと最大サイズをお好みのサイズに変更すれば仮想メモリの設定は終了です。
仮想メモリの設定後は再起動が必要になります。

 

保存がすんでいないデータがありましたら、必ず保存したうえで
仮想メモリの設定を終えるようにしてください。

 

仮想メモリの設定が必要な方はいろんな動画やファイルを同時に開いたために、
『仮想メモリが不足しています』とか『仮想メモリ最小値が低すぎます』と表示されている方です。

 

上記のような仮想メモリが不足しているような表示がされていないのに
パソコンの動作が重い(遅い)場合には、こちらの記事をご覧ください。
Windows7パソコンで動作が遅い原因を突き止める方法

 

以上でWindows7パソコンで仮想メモリを設定する方法についての解説を終わります。

 

こちらも参考に!⇒仮想メモリとは?パソコン初心者にわかりやすく解説

 

スポンサードリンク

関連ページ

仮想メモリとは?パソコン初心者にわかりやすく解説
仮想メモリとは?パソコン初心者にわかりやすく解説しました。
Windows7の仮想メモリを増やす方法
Windows7の仮想メモリを増やす方法についてわかりやすく解説しました。
仮想メモリの増やし方
仮想メモリの増やし方についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 メモリ パソコン重い対策 CPU